1. 綺麗味を紡ぐ懐石

レッツぎふユーザー限定のおもてなし!

二文字屋_写真

※写真はイメージです。

「帯に短し、襷に長し…」
「なかなか丁度良いのがねぇ…」
と言う悩み、ありますよね。例えば、
●法事・宴会・接待・会合の幹事を任された時
●大事なデート
●お宮参りの後で
●顔合わせの席
などなど…。
「何でも良いんだけど、どうでも良い訳じゃないのよねぇ…」
そんな時!

レッツぎふユーザー様のために、通常のメニューにない料理でも可能な限り用意させて頂きます。ぜひ一度ご相談下さい。

TEL:050-5829-1356
◇お電話の際に「レッツぎふを見た」とお伝え頂くと便利です。

奥深い味わいに遊び心が光る≪綺麗味≫

二文字屋_写真

一つの器の中で温と冷が別々に存在する「三色温冷仕立て」や、≪ヒマラヤのルビー≫と称されるチーニャンツァ(岩塩)を使った「汐しゃーべっと」など、独創性に満ちた料理を楽しめる。

常にその時節を捉えた料理を楽しめる二文字屋の懐石料理。料理長の飽くなき探究心により研究を重ねた上に成り立っており、素材の良さは当然の事ながら既存の日本料理にはない手法やアイデアを大胆に採り入れ、驚きや楽しさが詰まった料理に仕上げられている。

目に見えない部分にもこだわりは健在。出汁を例に挙げれば、枕崎の今給黎鰹節店の極上の本枯節、高級昆布の中でも別格扱いされている尾札部産の真昆布を使用して出汁を引き、自家製の2種類の水塩(みしお)で味付け。塩の余分なアクが取り除かれ、浸透性に優れた水塩を使う事によって通常の塩を使うより格段に美味しい出汁になる。

「完璧な料理という存在はあり得ない」と言い切る料理長。常に進化する味と料理は留まることなく人々を魅了し続ける事だろう。

懐石料理

「姫街道」と呼ばれた中山道にちなんで、女性に関連させて名付けられている。
◆ひいな膳…6,000円
ひいなとは「雛」の古語で、小さくて可愛らしく美しいという意。
◆胡蝶膳…8,000円
胡蝶姫とは別名濃姫。信長の正室で、斉藤道三の娘。
◆亀姫御膳…(鶴)10,000円、(亀)12,000円
亀姫とは徳川家康の長女のこと。
◆和宮本膳…25,000円
14代将軍家茂と結婚した皇女。

※要予約。ご予約は050-5829-1356まで。
うなぎの苦手な方には別の料理をご用意致しますので、ご予約の際にお伝え下さい。
◇お問合せの際に「レッツぎふを見た」とお伝え頂くとスムーズです。

亀姫御膳-鬼が起つ頃のお献立

  • 御座附:宝禄萬珠-厄除け焙烙 ひよこ豆柚香和へ
  • 御向:鬼皿-鮃縁側とイクラの霙鱠
    福皿-鮃日の出仕立て
  • 福袋:五色なます-熟柿ソース
  • 造り:伊勢海老炙り造り
  • 御椀:常盤芯丈
  • 炙肴:岐阜之名物飛騨牛石焼き 
  • 箸休め:二文字屋流黒豆柔か煮
    高麗人参酒のしゃーべっと
  • 蓋物:蟹饅頭
  • 留椀:西京仕立て-伊勢海老味噌汁
  • お食事:うなぎぷち丼
  • くつろぎ:熟柿ムース

連綿と受け継がれてきた至高のうなぎ料理

二文字屋_写真

伝統の技法で焼き上げられた、国産物のみにこだわったうなぎは絶品。

二文字屋の看板料理とも言えるうなぎ料理。国産のうなぎのみを使用し、代々受け継がれてきたタレと熱の対流を巧妙に操り焼き上げる。江戸時代初期から現在に至るまでその暖簾を守り続けてきたその味を是非堪能して。

<うなぎ料理>
◆うなぎ丼
 竹…1,860円、梅…2,580円、特製…3,100円、鶴…3,950円
◆ひつまぶし
 梅…2,580円、特製…3,100円、鶴…3,950円
◆うな重
 特製…3,100円、鶴…3,950円
◆長焼き
 竹…1,860円、梅…2,580円、特製…3,100円、鶴…3,950円
◆子供丼…1,000円

うなぎの真髄を二文字屋流に仕上げて

二文字屋_写真

うなぎ好きをも唸らせる驚きや遊び心が効いた様々な調理法で仕上げた品々をコースで頂けるのが≪土用懐石≫の悦び。
(写真は一例)

国産物のみを選りすぐったうなぎを様々な調理法で仕上げた品々をコース仕立てで頂けるのが二文字屋の≪土用懐石≫。

◆土用懐石
・露草…6,000円
・蘭…8,000円
・桔梗…10,000円
・鶴…12,000円
<献立一例>
一、うなぎ骨せんべい
一、肝煮凝り・糸瓜玉子寄せ・枝豆
一、鰻の造り=骨切り霜降り
一、うざく(鰻と胡瓜の酢の物)
一、鰻白蒲焼き
一、お食事…お好みで選んで頂きます
※蘭、桔梗にはこれに強肴が付きます。

各メニューにプラス1,500円、5名様以上でのご利用で90分のフリードリンクが付きます。
※要予約。ご予約は050-5829-1356まで。
◇お電話の際に「レッツぎふを見た」とお伝え頂くと便利です。

和の料理人の手掛けたデザート

懐石料理の水菓子として出されるデザートが好評で「懐石以外の時でも単品で提供して欲しい!」という要望が多く寄せられた為、単品での提供をする事になった二文字屋のデザートたち。プリン、アイスクリーム、シャーベットという定番のデザートが、和の料理人の手によって本筋の料理同様に季節感が感じられ、驚きや楽しさが詰まった逸品に仕上げられている。

スイーツ専門店にも引けを取らないクオリティを誇り、二文字屋の「隠れ人気メニュー」とも言えるデザートたちを是非味わって欲しい。

・二文字屋ぷりん…360円
・二文字屋あいすくりーむ…360円
・二文字屋シャーベット…360円
※それぞれ季節の素材を使用する為、時期により内容は異なります。

二文字屋_写真

上質な甘さと口に広がる豊かな香りは、懐石の流れを汲んだ和の料理人ならでは。