1. 関で活魚と言えば…

目利きに絶対の自信を持つ、素材と真剣勝負の日本料理店

『日本料理 だいえい』を切盛りするのは二代目の高木登企久氏。先代からの味を継承しつつも自身が7年半に及ぶ京都の名店での修行の要素を取り入れた料理を展開している。

そもそも活け造りの出張料理に端を発するこの店。創業当時、周りに活魚を取り扱う店は皆無で、福井県に独自のルートを築き上げた事で「山国・岐阜にいながら港町に劣らぬ鮮魚が頂ける」と評判になり、その位置付けを確固たるものにした。

岐阜県内でも活魚が取り扱われるのが珍しくなくなった現在においても、目利きにおいては他店とは一線を画しており、自前で買いつけする越前ガニをはじめ県内でも稀有な食材を取り扱い、厳しく吟味して提供している。

日本料理 だいえい_写真

二代目の高木登企久氏。先代の意思を更に発展させる事で、創業当時からの得意客からも大きな信頼を得ている。

大~小団体いずれも使い勝手が良い個室が揃う

日本料理 だいえい_写真

50名まで利用可能な大広間は婚礼から各種宴会、会社の行事にと幅広く使える。

喧騒を忘れられる、上質の空間

絶対の自信を持つ目利きで厳選した素材と、侘・寂を大事にした料理で、長年に亘って愛されている『日本料理 だいえい』。
その間取りも、ニーズに応じて増えて行き、来客の団体規模を選ばない作りとなったという。

婚礼も可能な大広間、食事会などちょっとした集まりに最適な個室、目の前で捌かれる料理を頂けるカウンター。どんなシーンにおいても使い勝手が良く幅広い利用法が期待出来る。

外界の喧騒が気にならない優雅な個室で、絶品料理の数々を頂けば、ここが岐阜県内だということを忘れてしまうだろう。

日本料理 だいえい_写真

最大20名まで利用可能な部屋。部署ごとの行事から家族の集まりまで幅広く使える。

日本料理 だいえい_写真

少人数でしっぽり楽しむならこの部屋。

日本料理 だいえい_写真

1階のカウンター。

日本料理 だいえい_写真

1階のロールで仕切られたお部屋。

日本料理 だいえい_写真

1階座敷部屋。つい立てで仕切り、すべて椅子席です。

日本料理 だいえい_写真

2階の中広間。個室としてお使いいただけます。

日本料理 だいえい_写真

大広間。宴会ごとに様々に対応。

日本料理 だいえい_写真

大広間。宴会ごとに様々に対応。